ヘッダやメニューをスキップして本文へ直接リンクします

トップ > 企業情報 > 新経営理念ができるまで

新経営理念ができるまで

キリングループロジスティクス株式会社は、グループ会社の本社物流企画機能の統合による機能拡大とキリン株式会社ガバナンスへの移行により2014年4月1日に、キリン物流株式会社から社名変更になりました。 キリングループロジスティクスが生まれ変わるこの大きな転換期に、これからのキリングループロジスティクスにふさわしい、新たな経営理念体系を作り上げるプロジェクトがスタートしました。

01 キックオフ 2014年5月

それは全国から集まった11人のメンバーから始まりました。
「トップダウン」方式ではなく、みんなで作った、みんなの想いを、みんなで守り続ける「ボトムアップ」方式で新経営理念を考えるためのプロジェクトです。

経営理念を作るのに必要なものとは?どうすれば「みんなで作る」ことができるんだろう?プロジェクト名決定!わくわくステアリング プロジェクト略してわくステ

名称の由来

わくわくステアリング
  1. 自分達(プロジェクトメンバー自ら)がわくわくの気持ちを持ち続けること。
  2. 社員全員が夢や希望、エネルギーに溢れ、同じ方向・ベクトルに進める企業の操舵装置である経営理念にすること。
わくステ=枠捨て
これまでのやり方にとらわれず、社員が自らの可能性を信じて新しいことにチャレンジし、新たな価値創造に貢献する。

02 手探り期 2014年6月

名称を決定し、走り始めたプロジェクト。
最初は、手探り状態でしたが、ドラッカーのマネジメントの"企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。"を参考に「まずは私たちのお客様が誰かを考えよう!」ということからスタートしました。

私たちのお客様って誰だろう?キリングループ、特約店・卸、最終消費者・・・、いろいろあるよね?みんなはどう思っているんだろう?わくステ 代表取締役社長 加藤元(当時)(プロジェクトオーナー)お客様は誰なのかをみんなでしっかり考えよう!

03 みんなで考えた期 2014年7月

加藤社長(当時)とプロジェクトメンバーが一緒に、社員への意見ヒアリング行脚が始まりました。イメージは、馬力があってみんなを引っ張る貨物列車。その名も「わくステトレイン」が全国を巡ります。

わくステトレイン出発!

全国で、36回514名が 加藤社長(当時)引っ張るわくステトレインに乗車

  • 西日本支社

  • 京滋支店

  • 北海道支社

  • 九州支社

  • 名古屋支店

  • 岡山支店

  • 仙台支店

  • 本社

  • 茨城支店

「私たちのお客様って誰?」「私たちの会社はどんな役割を持っていて、何を目指していくの?」という課題について、意見交換が行われました。

わくステトレイン 運行スケジュール

04 光が見えた期 2014年11月

わくステトレインから出た意見から、プロジェクト検討開始!みんなの想いを言葉にし、まとめる事が大変難しく、悩んだ時期もありましたが、加藤社長(当時)、わくステトレインメンバー一同、やりきる覚悟で臨んだ結果、ついに新経営理念の仮案がまとまりました。

新経営理念(仮案)みんなで出し合ったお客様の概念図 この仮案で、みんなで理解を深めよう!

05 理念と向き合う期 2015年2月

新経営理念の仮案を従業員に伝え、さらにわかりやすく、さらに想いを込めた経営理念にするため、加藤社長(当時)は再度従業員と議論を交わすべく、わくステトレイン2号を走らせました。

さらにいいものに! 東京東支店 九州支店 湘南支店 札幌支店
「経営理念」から「日々の業務」までの意識を共有!!日々の業務は、経営理念実現のためである。「ミッション・ビジョン・価値観』(経営理念)に則った会社・チーム・個人の計画や目標があり、それを実現するために日々の業務があるこれを一気通貫させる意識を持とう!

わくステトレイン2号 運行スケジュール

わくステトレイン2号には63回、596人が乗車しました!

わくステトレイン終了後、参加者全員からジャンパーにサインをもらいました!

そして、完成!

加藤社長(当時)と99回1110人が参加し、みんなで練り上げた、キリングループロジスティクスの新経営理念はこちらです。

経営理念体系

企業情報

物流のお悩みを解決します!

お問い合わせはこちら

03-6837-7010

受付時間/9:00〜17:00(土日祝除く)